無料ブログはココログ

おててとあんよ

« 形成外科 (生後3ヶ月15日) | トップページ | 三ヶ月検診(生後4ヶ月3日):写真 »

2006年5月 8日 (月)

東京 形成外科(生後3ヶ月25日)

インターネットで、手の外科の中でも「先天性異常」の本を出している先生をみつけた。日本手の外科学会にも登録していて、病院のホームページをみると、「先天異常」の診察日まであった。東京でも有名な病院だし、その先生の診察は月曜の朝。月曜の朝というのは一番良い先生が診ることになっているらしい。ゴールデンウィークで東京の実家に帰るので、私とお豆は東京に残って病院に行ってきた。

初診で紹介状なし。受付は8時から11時。東京のラッシュにベビーカーで電車に乗るのはかなり緊張する。ラッシュを避けていくために、朝6時半に家を出た。急行はぎゅうぎゅうになるので、準急にのってなんとか行けた。

着いたのは8時半ごろ。診察券を作って、形成外科に向かう。10分から20分待って診察。若い先生に診てもらった。診てもらうといっても必要な質問に答えるだけ。最初にポラロイド撮影と両手親指の爪の幅を定規で測った。その後、出産時に異常はなかったか・何週で出産したか・親族に同じ病気はいるか・どうしてこの病院にきたのか・を聞かれた。そしてレントゲン撮影を依頼される。

一旦形成外科を出てレントゲン撮影するため移動。撮影中は廊下で待った。途中お豆が泣いているのが聞こえて少しせつなかったけれど、出てきてあやしたらすぐに泣き止んだ。レントゲン写真ができるまでまたしばし廊下で待つ。その時に、赤ちゃんをかかえたお母さんが同じ赤ちゃんというのでベビーカーにいるお豆に笑いかけて来てくれた。話をするとお豆と同じ病気だった。来月手術だという。この病院はこの病気では有名。二つの指をあわせる手術をすると聞いた。病院に来るのは3回目。次は手術だと言う。同じ病気の子供を持つ人に会うのは初めてだったので、なんとなく孤独感が薄らいだ気がした。別れた後、ふと隣にいる別の赤ちゃんを見ると、腕の下から手にかけてギブスのようなものを着けて点滴をしていた。話しかけなかったけど、もしかしたらこの子も同じ病気で手術をした後なのかと思った。

形成外科に戻り、レントゲン写真を渡して診察。次は目当てにしていた先生。助手がいた。カルテもその助手が書いていた。やさしく話してくれるが、芯が強そうだと感じた。レントゲンを見ながら話してくれた。手は元々一つのものが二つにわかれてしまったので、ひとつに戻す手術を行うそうだ。そうすると、爪をあわせるのが一番難しく、たてに跡が残ることが多い。まれにぴったり合わせられて綺麗になる子もいるそうだ。また、第一関節が動かなくなる。第二関節から下は普通に動く。先生は自分の親指を出して、「私は第二関節が曲がらない。だけど支障はありません。第一か第二、どちらかが曲がれば大丈夫。この子はその逆になりますね」とおっしゃった。また、傷跡はギザギザに残る。しかし、指はまっすぐになる。初めは左手よりも少し太くする。成長とともに左右が同じ位になるように。レントゲンで見たら骨が合わさったというのが分かるけれど、外から見て汚く見えることはない。とのこと。名古屋でも診てもらった事を伝えると、「○○先生?名古屋はひとつを切るんだよね。ひとつを切りとると、どうしてもひとつが小さいままになる。手術後はとても綺麗に見えて満足するかもしれない。だけど、残った指がZ型になっているので(菱形の縦片方が無くなったような形)成長とともにそれが目立ってくる。」町田でも聞いた事を伝えると、「町田○○病院?そこはうちから○○先生が行ってるからまったく同じやり方だよ」と言われた。「私は全国の先生がどの手術方法をとっているか分かっていますよ。どちらを選択するのかは自由です。よく考えて、もしうちで行うなら、夏が終わるころ(9月)に再度来てください。手術は10ヶ月から1才までの間、まぁ年内には終わるようにしましょう。」といわれた。

会計を済ませて帰宅。

(会計)

 基本診療科 684円

 画像診断料 690円

 特定医療他 3,000円   (紹介状無しのため)

      計  4,520円  

      

« 形成外科 (生後3ヶ月15日) | トップページ | 三ヶ月検診(生後4ヶ月3日):写真 »

コメント

はじめまして、セイコです。
もしかして、私のブログに来て下さった方かと思いまして・・・。違っていたらすみません。

(一回入力したのですが、消えてしまったようなので、また入れました。ダブっていたら前のを削除して下さい。)
うちの子は、右手拇指多指症で、指先が2つに分かれて、ハートのように見えるタイプでした。
出産した病院の形成外科と、世田谷の成育医療センターの整形外科と2つ診てもらいましたが、どちらも片方を切る方法でした。理由は、「骨は繊細で、へたに傷をつけると成長しない場合がある」からだそうです。(2つを合わせる方法もあることを説明した上で)
それで、うちの子は成育医療センターで手術しましたが、外側の指を切りました。
手術前の診察で、「外側を切ります」と言われたのですが、外側の方が少し大きく、私はそちらを残すのかと思っていたので、質問すると「親指は人差し指に押されるので、外側に曲がりやすいから、外側を残すと余計に外側に曲がるからです。」と言われました。
残った指は、術前は人差し指側に傾いていましたが、手術の時に針金を入れて矯正してあるのでまっすぐです。
見た目は、じっとよく見れば少し細いかなとも思いますが、あまり両手を並べる機会はないので、全く気になりませんよ。
それにだんだん差が小さくなってるように思います。
病院も悩まれているご様子ですが、手術して終わり、という訳ではなく、何度も通うことになるので、そのことも考慮して決められた方がいいと思います。
病院のことを聞きたい場合は、メールをいただければお返事致します。
それでは、失礼します。

セイコさん!ありがとうございます♪確かにブログにコメントさせて頂きました。(さっきも追加しちゃいました)でも、よくこのブログが分かりましたね!!
そうですよね、手術後のことを考えると病院の場所は本当に悩みます。主人が転勤族なので、1年後はどこにいるか分からないし・・・。将来を考えると一番可能性が高い東京がいいかなぁって思っているんです。
指に針金を入れるんですねー。うちはハート型っていうより、もっと根元から二つに分かれているからもしかしたら治療方法が違うかもしれないけれど・・・。でも、両手の指の太さがそんなに気にならないというのは、すごく嬉しいですね!ちなみにお伺いしますが、傷跡ってどのくらい目立ちますか?目立たなくしていただけるのか心配なんです。
来月成育に行ってみようと思っています。行ってみて病院について質問(メールにさせていただきます)させていただくかもしれません。よろしくお願いします。

やっぱり・・・Cactusにいらしていたので、そこからURLがわかりました。
傷跡は、先生はもちろん目立たなくする努力はして下さいますが、体質も関係するようです。
うちは、ちょうど手の表側と裏側の境が傷になります。でも、親でさえ「これだったかな?」くらいです。よく見れば、カッターか包丁で切ったのかな?って思える程度だと思います。
担当の先生はとてもいい方です。看護師不足はどこも同じなので、入院するといろいろ不満もありましたが、担当の先生にはほんとに信頼して任せられました。
聞きたいことがありましたら、なんでも聞いて下さい。
メールをいただけると細かいこともお話できると思います。

こんにちは~^^
ふらふら遊びにきて勝手にコメント残していきます^^;

病院えらび、手術方法は悩むところですよね~。
ですが、セイコさんの言うとおり、だと私もおもいます。

2つのうち片方を切る、と言っても、実際は取り去るほうの指にも腱とか筋肉とか大事な組織があるので、そういう内部的な部分で2本を1本に合わせる、という作業がたいてい行われるようです。
(「たいてい」と言ったのは、浮遊型のように骨も筋肉も必要な組織が外側の指には全然無くてブラブラくっついてるだけで切り取るだけで良いようなタイプもあるからです。)

が、大事なのは、多指症の程度は人それぞれかなり違うってことかな・・・。
お子さん個人の状態をよくみて、お子さんに最適な方法を考えてくれるかどうか、成長にしたがっていろいろ出てくることもあるのですが、そういう際にも相談しやすいか、というのも大事かと思います。

東京の形成外科の医師は、お豆さんのお子さんの状態に対しては、2本ともいかすほうがベストだと判断したのでしょうね。
うちの娘のような十手のタイプはまず片方を取り去る手術になるようですが、二手に分かれているようなタイプではまた違うと思います。

傷はどういう方法であれ、医師がいうほど綺麗にはならない、って思ってたほうが無難かもしれません。
たいていの形成外科医から見た「綺麗」と親がのぞむ「綺麗」には差があることも多いので・・・・^^;
執刀医が誰になるか、付き添い入院の可否とかも大事な要素ですし、いろいろ悩みますよね^^;

最後には親御さんが決めるしかないことですので、ゆっくり、納得できる答えをみつけてくださいね。応援しています^^

あき♪さん、コメントありがとうございます!
まず、お礼を言わせてください!出産して途方にくれていた私がCACTUSに出会えたこと、そしてたくさんの情報により、言葉では言い表せない程の勇気を与えてくださったこと、本当にありがとうございます。

あき♪さんのお子さん、キョウちゃんのおてては、とってもきれいになったように見えましたよ。私は、娘が生まれた時の不安から考えたら十分すぎるほどで、とても羨ましいです。

そうですね、病院によって付き添いなどの条件が違うので、いくつか候補をしぼって、悔いのない選択をできれば良いと思っています。

CACTUSで知り合った多くの方々からも沢山の情報を頂いております。今後益々お世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いします!!

こんにちは、セイコです。
ネットで、2つの指を一つに合わせる手術方法を探したところ、「二分併合法」というようです。
この方法がとられるケースは、特定の条件がそろった時のようですので、お豆さんのお子さんは、その条件がそろっているのかもしれませんね。
どのような条件かは書いてなかったのでわかりませんが、この方法がとられるのは、かなり限られた場合のように書かれていました。
ご参考になさって下さい。

セイコさん、ありがとうございます。
二分併合法というんですね。
今度名古屋で別の病院に行くので、このやり方について聞いてみます。
ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83836/1717486

この記事へのトラックバック一覧です: 東京 形成外科(生後3ヶ月25日):

« 形成外科 (生後3ヶ月15日) | トップページ | 三ヶ月検診(生後4ヶ月3日):写真 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31